《最新版》ルナソルのアイシャドウ人気色ベスト5!上品ブラウンを味方につける

ルナソルのアイシャドウ

発色がよく、上品な色味が特徴のアイシャドウと言えば「ルナソル」ですよね!

 

この記事では様々なコスメサイトのランキングを参考に、おすすめしたい「ルナソル」ブラウン系アイシャドウ5つを独自にピックアップ!

《2020年版》をランキング形式でご紹介していきます。

「長く使えるベージュ・ブラウン系のアイシャドウを探してる!」

そんな方は、ぜひ参考にしてみてください!

人気アイシャドウは?

 

第1位・スキンモデリングアイズ#01 Beige Beige

 

2019年楽天ベストコスメ1位を受賞するなど多くの人に愛されている、不動の1位「スキンモデリングアイズ01」。

 

ベージュを基調とした色味は、肌そのものの美しさを引き出すカラー。

落ち着いた大人の雰囲気を醸し出してくれるナチュラル系のアイシャドウです。

濃くなりすぎないので、幅広い年齢の方におすすめ。

ルナソルのアイシャドウ

左上Aのハイライトは、ラメがキラキラしていますが粒子が細かいのでとっても綺麗。

『オフィスメイクはAは使わず、休日はAを使って華やかに!』

こんな風に、使い分けもできるからいろんな場面で活躍します。

第2位・マカロングロウアイズ#03 Caramel

 

マカロンのような可憐なカラーと、ソフトグロウな質感にインスパイアされて生まれた4色セットのアイシャドウ。

 

ルナソルにしては、ちょっと珍しいマットな質感のアイシャドウ

やわらかな感触のパウダーがふわりと色づき、軽やかにフィットしてくれます。

 

重さを感じさせない上品な発色で、通年人気のキャメルブラウンの目元が完成!

オフィスメイクや普段使いなど、マルチに活躍してくれます。

第3位・セレクション・ドゥ・ショコラアイズ#02 Chocolat Amer

 

“チョコレートの香りがするアイシャドウ”として、話題となったセレクション・ドゥ・ショコラアイズ。

 

ほんのり甘い香りがして、メイクするときにちょっと気持ちが上がります!

捨て色なく、すべてを使うことができる万能パレット。

 

「ルナソル」といえば、キレイなラメ!という印象ですが、ギラギラ感はなく、上品なパール感で、深みのある目元に仕上げることができます。

 

さしみ

じつは私自身も、セレクション・ドゥ・ショコラの愛用者!

 

ほぼ毎日このパレットでアイメイクしても飽きないし、なによりコスパがいい

 

「少しお高めかな…」と悩みがちなルナソルですが、発色・コスパともに大満足できます。

年齢やメイクタイプを問わず使える色味なので、プレゼントでも喜ばれると思いますよ!

第4位・スリーディメンショナルアイズ#01 Neutral Beige

 

肌の色から発想された配色で、1つのパレットでいろんなバリエーションが楽しめます。

 

左上と右下は、ラメありとラメなしの3色に分かれています。

たてラインで使うもよし、横にサッと滑らせて3色混ぜて使うもよし。

華やかさを調節できるので、オン・オフどちらでも活躍します。

 

色味も濃くないので、重ね塗りで上品なツヤのある目元が完成

ちょっとハッキリしたメイクは苦手…という、ナチュラルメイク派の方におススメしたいカラーです。

第5位・ニュアンスシェイドアイズ#02 Tender Scene

 

美しい街並を演出する石畳からインスパイアされて生まれた、4色セットのアイシャドウ。

異なる質感の影を重ねていくことで、深みと奥行きのあるまなざしを生み出します。

 

右上はシアーに発色、右下のメインカラーはよりパール感があるカラーでしっかり発色します。

重くないのにキレイに陰影がつけられるから、自然な深みがあるメイクが好みの方にぴったりのパレットです。

 

どんな方でも使いやすい色味なので母の日ギフトや、誕生日プレゼントにも最適かもしれません。

【まとめ】ルナソル・ブラウン系アイシャドウは便利

ルナソル
(画像出典:ルナソル公式サイト)

「ルナソル」のアイシャドウは、発色がよく、きれいなグラデーションも簡単に叶います

持ちがいいのでコスパも◎。

 

大人気なのも納得のクオリティーです!

使い勝手バツグンのブラウン系アイシャドウ、1つもっておくと便利ですよ!

いま人気なのは?

 

こんなデパコスも人気があります!

マキシマイザーリピーター続出!Dior「マキシマイザー」の使い方は?効果は? RMKグロースティック【恐るおそる使ってみた】ハイライトは難しくない!これ1本で自然なツヤ肌! ディオールスキンエクストレムコントロールオイリー肌な私でも安心できた【ディオールのパウダーファンデーション】

それでは、また!
さしみ(@sashimi_fuk)でした。