「令和」ゆかりの地、太宰府・坂本八幡宮に行ってわかった場所や駐車場のこと

坂本八幡宮

新元号「令和(れいわ)」の典拠となったのが、万葉集の「梅花の歌三十二首の序文」だったことから、注目が集まっている福岡県「太宰府市」

 

特に、歌が詠まれたとの説がある大宰府政庁跡周辺にある坂本八幡宮は、「令和ゆかりの地」としてたくさんのメディアに取り上げられています。

 

福岡暮らし長いけど、坂本八幡宮って行ったことないな~

さしみ

ということで、さっそく坂本八幡宮へ行ってきました!

 

  • 坂本八幡宮の場所やアクセスは?
  • 太宰府天満宮からの行き方は?
  • 駐車場ある?
  • 御朱印ってあるの?

こんな疑問がある方は必見!

「令和ゆかりの地」坂本八幡宮に行ってみようかな⁈という方のために、実際に私が行ってわかった事を簡単にまとめておきます。

福岡観光、太宰府観光の参考になれば幸いです!

坂本八幡宮とは?

坂本八幡宮

坂本八幡宮は、歌人・大伴旅人(おおとものたびと)の邸宅があったとされる場所。

 

ここで「梅花の宴」が催され、「令和」の典拠となった万葉集の「梅花の歌三十二首の序文」が詠まれたとされています。

 

坂本八幡宮 基本情報

坂本八幡宮

  • 住所:〒818-0133福岡県太宰府市坂本3-14-23

坂本八幡宮へのアクセス

坂本八幡宮

電車

  • 西鉄大牟田線「都府楼前駅」から徒歩約9分

バス

  • 「大宰府政庁跡」バス停から徒歩約6分

太宰府天満宮からのアクセス方法

太宰府天満宮

徒歩

太宰府天満宮の最寄り駅「西鉄大牟田線 太宰府駅」から、坂本八幡宮までは徒歩約30分です。

 

電車

西鉄大牟田線「太宰府駅」から、「都府楼前駅」へ。

そこから徒歩約9分。

 

バス

太宰府市コミュニティバス「まほろば号」を利用する。

「まほろば号」は、ワンコイン(100円均一)運賃で大宰府市内の公共施設や観光名所・旧跡、駅などを循環し、高齢者や体の不自由な人にも楽に乗り降りできるコミュニティバスです。

 

「西鉄太宰府駅」のバス停から、「大宰府政庁跡」まで乗りましょう。

まほろば号の詳細は、公式ページでご確認ください。

太宰府市「まほろば号」利用案内

駐車場

坂本八幡宮

上の写真は、坂本八幡宮にあった案内図です。

 

駐車場は、所々にありますが「令和の聖地」として注目されていることから、まだまだ多くの観光客が訪れており、周辺はとても混雑しています。

 

渋滞で、車が全然動かない!ってことも多いようです。

車で行こうと思っている方は、時間に余裕をもってお出かけください!

ちなみに・・・
私は、渋滞を回避するために早朝6時過ぎに行きました!

さすがに駐車場はガラガラです・・・

坂本八幡宮
※大宰府政庁跡入り口付近の駐車場(無料)

【行ってきた】坂本八幡宮のようす

大宰府政庁跡の入り口付近にある駐車場に車を停めて、歩いて坂本八幡宮へ。

 

大宰府政庁跡を通りながら向かいます。
すごい景観!
大宰府政庁跡

 

桜がきれいな時期でした!
大宰府政庁跡

 

奥の方へ進んでいくと、坂本八幡宮があります
坂本八幡宮

 

坂本八幡宮

 

坂本八幡宮

 

大伴旅人が詠んだ歌も
坂本八幡宮

早朝は近所の方が散歩に来ている程度でしたが、午前11時くらいには多くの参拝者で行列ができるんだとか!

注目度の高さがうかがえます。

坂本八幡宮の御朱印について

坂本八幡宮の御朱印の授与は、5月18日~以下のスケジュールで行われるとのことです!

曜日:火・水・金・土日・祝日

※週2回(月曜と木曜)は休み

 

時間:午前9時~午後4時

 

※御朱印帳への揮毫(きごう)は、宮司または筆耕者がいる場合に限る

太宰府は見どころいっぱい

太宰府天満宮

今回は、「令和ゆかりの地」坂本八幡宮について簡単にまとめてみました。

 

太宰府には坂本八幡宮のほかにも、たくさんの見どころがあります。

例えば・・・
  • 太宰府天満宮
  • 大宰府政庁跡
  • 大宰府展示館
  • 九州国立博物館
  • 竈門神社

太宰府市を訪れた際は、是非ゆっくりと時間をかけて観光してみてくださいね!

ハンバーグ ハンバーグならここ!筑紫野にある『ムッシュさかい』がおすすめの理由 抹茶クリーミーラテ 和スイーツ好きな私が毎回立ち寄る!「茶寮 伊藤園」のメニューを紹介します!